夢の自動二輪ライフを求めて。二輪車免許をとろう!夢の自動二輪ライフを求めて。二輪車免許をとろう!中部日本自動車学校の二輪教習なら、女性にも、仕事が忙しい会社員の方にも、どなたでも、受講しやすい環境が揃っています!一緒に憧れの二輪免許を取得しましょう!!

これから二輪の免許をとる方に嬉しいメリット

  • 安全面サポートあり

    肘・膝・ボディのプロテクター着用。
    ヘルメットの貸出しあります!!

  • 優しく丁寧に楽しい教習!!

    インストラクターがそれぞれのペースに
    合わせて優しくアドバイスしていきます。
    わからないところもお気軽にご質問下さい。

  • 名古屋駅からも通える!

    平日、仕事が終わって通うのが大変な方にも通いやすいように、名古屋駅からも
    スクールバス
    を出しております。
    仕事帰りにスポーツジムに通うような
    感覚で、お気軽に免許取得できる環境が
    中部日本自動車学校にはあります。

    無料スクールバス

  • 夏はクールダウン、冬はホット一息!

    夏は冷たく冬は温かいドリンクと
    おしぼりをご用意しております。

  • 教習後もお出かけできるロッカールームの設備!

    仕事帰りに教習所へ行き、そのまま
    「どこかにお出かけしたい!」と思っている方の為に
    充実したロッカーをご用意しております。

    ライダースハウスの設備

  • 教習中も卒業後もしっかりサポート

    教習中はもちろんのこと、卒業後も楽しいイベント(ライディングスクール、ツーリング、BBQ等)が充実しています!免許取得後も仲間とツーリングを楽しみましょう!

    イベント情報

  • 平日は忙しい皆様もサポート

    当校は、日曜・祝日も8:40~17:00
    まで営業しています。
    日曜日も営業しているので仕事をしている方でも無理なく通えます!

    各施設の営業時間

愛知淑徳大学の学生さんが、教習所のイメージ映像を作ってくれました。

社会人や学生の方も安心!時間にゆとりある時間割と日曜祝日の営業

バイクの免許を取りたいけど仕事で夜になってしまう社会人の方や、
大学の授業後に教習を受けたい学生の方など、時間にゆとりのない方も安心。
当校では、そんな方にも安心して受講することができるフリータイム制を実施しています。
さらに、日曜と祝日も教習と検定を行っています。

会社の仕事が終わるのが18:00。バイクの免許をとりたいけど時間が…。

仕事でなかなか通えない。
土日だけ通うとすごい時間がかかりそう…。

普通免許もち・普通自動二輪希望

土曜・日曜・平日19:20〜のみ来れる。入校から最短13日で卒業可能!!

時間はあるが、予定が不定期に入ってしまう…。

午前は幼稚園に送り家事をする。
午後は17時にむかえにいって夕食の準備…。

普通自動二輪もち・大型自動二輪希望

平日14:10〜、15:10〜。土、日は子供をあずける場所がない。当校では託児施設も完備しております!無料託児室入校から最短7日で卒業可能!!

教習所ではいろんな場面に対応できる練習をします。道路で安全運転ができるライダーになりましょう!

お客様の声

興味から趣味のひとつになりました。

学生の頃は、講義や部活、バイトなどをしていて時間の余裕がありませんでしたが、社会人になって仕事のペースもつかんできたので、ずっと乗りたかったバイクの免許をとることにしました。
平日は、仕事が終わる時間がバラバラなので日曜祝日も営業している中部日本を選びました。
休日に利用できるのはとても便利でした。
教習は頭で理解しながら体で覚えていくので、自分のペースで練習していきました。プロテクターも着用し膝・肘・体としっかり守れるので安心感がありました。
卒業後は、お気に入りのバイクもでき、休日はあちこちに出かけています。バイクが興味から趣味のひとつになりました。

今は中部日本でできた友達と一緒に、
週末ツーリングに出かけたりもしています。

最初は雰囲気や技術面が不安でいっぱいでしたし、バイクの免許なんて男性が取るものか、若い子が取ると思っていました。安心プランやスケジュールプランといったサポートもあり運動が苦手な私でも安心して教習を受けられると思いました。
それに、実際通い始めてから気がつきましたが、女性の方も大勢いらっしゃるのですね。悪戦苦闘しながら無事卒業できたのも親切なインストラクターのおかげです。
今は中部日本でできた友達と一緒に、週末ツーリングに出かけたりもしています。

みなさんも迷ったらまずは
一度見学に行ってみてください

私が免許を取るきっかけになったのは、本屋さんで目にとまったバイク雑誌でした。
昔バイクに乗っていた頃を思い出し、雑誌を読み進めるにつれて憧れだったCB750にどうしても乗りたくなり免許を取ることを決めました。
しかし、この歳で若い子に混ざって免許を取るのも恥ずかしく、技術が身に付くか不安もありました。一度、自動車学校の方に相談してみようと思い足を運んだところ、意外に周りが同年代ばかりでびっくりしました。
少し安心感を覚えて入校の説明を聞いていたところ、とても親身に相談に乗ってくれました。当然そのまま入校を決め、体の感覚を思いだしながら教習に臨みました。
丁寧な指導のもと、技術を身につけ無事卒業しました。
みなさんも迷ったらまずは一度見学に行ってみてください。

気になる二輪車教習の取得車種や入校資格、教習の流れをご案内します。